ATTAのホームページにご訪問いただき、ありがとうございます。

あった写真1あった写真2あった写真3

はじめまして、児童発達支援事業所ATTA所長の田中 仁です。
私は、留萌市・増毛町で産まれ育ち、小学校から大学まで野球に打ち込む青春時代を過ごしました。大学卒業後は外食チェーンの会社に入社し、東京、札幌、長野で6年間勤め、店長職等の経験から経営を学びました。その後、札幌で高齢者施設やデイサービスで働き、2011年5月、起業に至りました。
「一人一人に合った、温かい介護を提供したい」という想いを軸に、高齢者だけでなく障がいのある方へのホームヘルプサービスを提供する、「訪問介護事業所あったかいご札幌」を開設しました。その後2013年に入浴と機能訓練に特化した「デイサービスあったかい湯札幌」、2015年には「デイサービスあったかい湯豊平」を開設し、地域で暮らす高齢者や障がいのある方々の生活のサポートをさせて頂く事業を行って参りました。

『人と人との関わりの中から生まれる、「感謝」「感動」「笑顔」を追求し続けようという』という理念に賛同してくれる仲間たちと共に、少しでも社会に貢献したいという気持ちで今まで進んできました。

これからも、福祉事業に携わり、お一人お一人の想いや価値観を汲み取り、痒いところに手が届く支援、生きがいを見つけて頂けるような場所の提供を目指し、住み慣れた自宅や地域での生活が続けられるためのお手伝いを続けていきたいと考えています。

ATTA決意

ATTA決意私が今まで介護福祉の仕事に携わってきた中で、大きく感じた事があります。
それは家族が介護を頑張りすぎてしまい、介護をする側の家族が疲れ切ってしまっている実情です。
本当は優しく介護をしたいのに心に余裕がなくなってしまい、親や家族に優しく接する事が出来ない。
また、そんな自分を責めてしまい、心も身体もボロボロになってしまっているご家族を沢山見て来ました。
私たちに、ご家族の代わりは出来ません。
ですが、私たちがお手伝いさせて頂くことで、ご家族の負担を軽減させて頂くことは出来きると考えています。
私たちが関わることで少しでもご家族に余裕が生まれ、優しい気持ちを保てる環境をつくる為のお手伝いが出来る福祉の仕事に、やりがいと喜びを感じています。
これらの想いから、これまで携わってきた福祉の分野で地域の子どもたちに関わる事業を始めたいと考え、この度ATTAを開設することを決意いたしました。

私には現在、二人の息子がいます。
普段は保育園に通っていますし、親の手を借りることもあります。
もちろん、病気やケガをした時は病院のお世話にもなります。
毎日笑顔で過ごせていることや、事故に遭ったりせず平和な生活ができることは、あたりまえのことではないと思っています。

子育てをする中、関わり支えてくれる大人が多いことや、ささいなことでも相談できる人がいるということ、安心して通わせられる場所があるということのありがたみを自分自身も日々噛み締めています。
お子さまは、親御さんにとっての大切な宝物です。
『自分の子どもだったら』の視点を持ち、ともに進んで行きたいと考えています。
親御さん、お子さま、職員すべて、笑顔でいられる運営を目指します。

児童発達支援ATTAでは、お子様一人ひとりと本気で向き合い、
常に努力を続けていくことをお約束します。