症例について

ATTAの1日
発達障害とは?
発達障害は、生まれつき脳の発達が通常と違っているために、幼児のうちから症状が現れ、通常の育児では上手くいかない事があります。
成長するにつれ、自分自身の持つ不得手な部分に気づき、生きにくさを感じる事があるかもしれません。
ですが、発達障害は「先天的なハンディキャップ」ではなく、「一生発達しない」のでもありません。
発達の仕方が通常の子どもと異なっていますが、支援のあり方によってそれがハンディキャップとなるのかどうかが決まるといえます。
発達障害児の割合
文部科学省により、2012年に全国の公立小中学校で約5万人を対象にした調査結果で、「発達障害の可能性のある」とされた児童生徒の割合は、「1クラスに2人程度」は発達障害の傾向があるという調査結果が出ています。
ここで注意すべきなのは、通常学級に通う児童生徒を対象にしているため、知的障害のある子(特別支援学校などに通っている発達障害児)等はデータから除かれており、実際の数字は6.5%よりも高い可能性があることです。
その一方で、あくまで周囲の(発達障害について知識のある)教職員等が見立てたデータであり、医師の診断を受けた割合が6.5%ではない事は理解しておく必要があります。
なお、この「6.5%」という数字は、発達障害の全体を考えた数字であり、より細かな分類は以下のようになっています。

○細かい部分にこだわってしまい、課題を時間内に終える事ができない

・限られた時間の中で「作業」「学業」「仕事」をこなすために必要な考え方を学んでいきます。
・どの順序で取り組むか作業工程を図や表にして説明し時間内で終わらせる重要性を意識づけます。

○失敗や体験などから自尊心が低く、不安感が強く自発的な発信が苦手

・質問や相談のタイミング・言葉の選び方・態度など方法について指導します。
・集団の中で答えが明白な指導をしたり、二択の中から選ばせるなど本人の考えを表明できる機会を持たせます。

○人付き合いは苦手。集団への興味はあるものの不安がある

・ゆっくりと自尊心を高めながら他の人とのコミュニケーションの頻度、質を高めていきます。
・個々の状況によって適当かどうかは相談しながら進めていきます。

○学習中など落ち着きがなく、周囲の様子が気になり集中できない

学習時間と休憩時間のメリハリを付け、感覚過敏のお子様には、刺激の少ない壁側やパーテーションを利用し外部からの刺激を抑え取り組みやすい環境での支援を行います。


弊社運営の児童発達支援・放課後等デイサービスの施設では、
お子さまをお預かりする貴重な時間を大切に使います。
ATTAの1日